紹介しないで稼げるMLM(2)

ビットコインについて、まずはビデオを見てみましょう。


というようにビットコインの心配はまったくありません。

暗号通貨の時価総額は圧倒的で 他の暗号通貨とは比較になりません。

ビットコインの最小単位は1satoshiです。

フィンテックという言葉を耳にしたことはありますか?
フィンテックとは、「金融」と「技術」、「Finance」と「Technology」、を組合せた造語で、ITを活用して金融、決済、財務サービスなどの世界にもたらされる新しい技術のことなんですね。
仮想通貨は通貨じゃない!」とあれだけ強く言い切っていた麻生太郎副総理・財務金融相が、先日、東京にて開催された、金融庁と日経新聞主催の「フィンテックサミット」での挨拶で、「フィンテックで銀行の支店はそのうちなくなるだろう」と発言してます。
もう財務省と金融庁が、「ビットコイン」、仮想通貨のテクノロジーは無視できないと判断したということなんですよね。

 

それでは、なぜビットコインなのか?
いま仮想通貨の業界では700種類以上の仮想通貨があるといわれているのですが、トップの数種類の仮想通貨以外はほとんど流通が行われていないのが現状なんです。ビットコインが一人勝ち状態です。今、1ビットが105,000円前後で、どんどん値上がりしています。
しかし、過去の最高値をまだ超えていません。12万円くらいの値をつけたこともあり、これから上昇する可能性が非常に高いということです。

というかぐんぐんさ上昇しています。昨日は95000円だったのに今はもう105000円です。もうビットコインを持ってる人たちからの嬉しい悲鳴を毎日聞くようになっています。最も上がることがあれば下がることもあるのが相場です。ちなみに通貨の相場は何によって決定されるかご存知ですか?それは単純に 需要と供給なんですね。世界情勢が不安定な今 ビットコインの需要が高まっているという背景があるためにビットコインの値段は今上がっています。

仮想通貨のしくみがどういうものかというと、その正体は実は、暗号通貨と呼ぶのが正しいです。つまり取引はすべて暗号化されていてセキュリティーが高い状態で守られているということなんですね。
そして、この暗号を全世界の人たちがこぞって計算して解読していることで、このシステムが成り立っています。
なぜ一生懸命解読するのか、というと、暗号を解読した人にビットコインが自働的に支払われるシステムになっているからなんです。
暗号の計算に参加されている方々というのは、まさに、金(ゴールド)を掘り出す作業のように、ビットコインを毎日、掘り起こしています。
この掘り起こす作業をマイニングといい、大きな投資になるということで全世界の人がこのマイニングに参加をしています。
もしみなさんが、マイニングでビットコインを掘り起こすと新しくビットコインが発行され、そのコインが報酬としてもらえるんです。
ですからビットコインというのは、中央銀行といった中央機関というものはいっさい存在せず、通貨の発行ですとか、取り引きは、全て一対一で行われるシステムになっています。そして、その全ての取引履歴が、ブロックチェーンと呼ばれる、公開されている台帳に記録されています。
これはインターネット上に公開されていまして、これを見れば過去の取り引きを全部検証することができるということで、非常に透明度の高い、ガラス張りのシステムになっています。

というところでその2はおしまいです。その3ではウォレット(財布)について説明したいと思います。

ご質問はいつでも受付中です。

こちらからどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です